肩・背中凝りの症例

いわゆる五十肩で来院された方の症例を報告します

 

47歳 女性

右肩の挙上でやや引っ掛かりがあり違和感がある。他院で治療するもその違和感が取れきれないので当院に来院。

所見は挙上度合いはわりとましな方で、違和感は三角筋の前部に挙上時に痛みが出る。以前石灰沈着とも言われたそうだが、

今はその感じの痛みは無いようでした。自宅で寝てても朝の痛みがある、デスクワークだというので、腕のだるさや姿勢から

くる腕肩腰の疲労度もあり、その辺が原因とみて施術、横向きにて右肩、肩甲骨周り、背部、上腕、鎖骨の下の大胸筋、その辺

を反応診ながら置鍼、鍼を抜いた後に肩関節の可動域を上げるストレッチとマッサージで肘が耳に着くぐらい挙上が改善、痛みと

違和感も解消された。大変満足されて帰られました。

今回は比較的軽いものではありましたが、いわゆる五十肩の部類に入る症状ですが、もっと症状がひどい方は実際の治癒には長い

期間を要します、痛みの度合いでは、痛みが移動するのを追っかけて治療にもなりますが、患者さん自身でのセルフケアも時期的

には必要です。ちょっと五十肩と言ってもバカにはできません。我々専門家では、肩関節周囲炎と呼びますが、肩関節を取り巻く

筋肉はかなり複雑に絡み合っています。それを細かく動きを診ながら関与する筋肉を緩めて可動域改善と痛みの緩和を目指して治療

いたします、受ける患者様も時間と期間が必要だということをご理解頂いた上で、一緒に改善を目指しましょう!是非当院にいらし

て下さい、お待ちしております。