腰痛の症例その3

慢性腰痛

 

なかなか改善しない慢性的な腰痛は辛いですよね。

ギックリ腰は主に筋肉を痛めているケースが多く、筋肉の調整をすれば痛みが軽減しますが

筋肉ではなく他の箇所で痛みが出ている腰痛もあります。

当院ではこれらを「関節由来の腰痛」と位置付けています。

このタイプの腰痛は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの症状がある方に多く、

腰の奥のほう、身体の中心部が苦しいような重いような痛みが出ます。

普段は痛くなくても「カゼのひき始め」や「薄着をして身体を冷やした」「長時間座っていた」

など身体の免疫力が落ちたときや腰にストレスがかかった時に強くでることもあります。

当院ではこれらの腰痛には「関節の調整」をし、「腰部を温める」治療をしています。

慢性的に腰が辛い、お尻や足がしびれる、などの症状でお悩みの方、お気軽に当院までご相談ください。