点灸による腰痛改善の症例

腰痛で来院した65歳の男性、中肉中ぜい、お腹はやや出た感じ。

 

仕事はお花屋さん、立ったり座ったりですが、水を使う仕事の為下半身も冷えやすい

 

感じが見られるので、下半身と腰を中心に施術。

 

鍼が苦手ということで、灸を勧めた、点灸での直接据えるのも了解を得て施灸をする。

 

据える場所は反応点を確かめ、圧痛と発赤を目安に腰、臀部、腰背部に施灸。

 

施術後は腰は随分楽になり足軽に帰られた。

 

1週間後に再度来院し、腰は軽快だと、今日は肩の方が辛いとの事で、背部と肩周り、

 

腰の背部もやや反応があったので、選穴して施灸した。今日も軽くなった感じがされた

 

が、ご本人少々気になる感が肩にあった様子。その後何日かして再来院、今日も肩背中

 

がまだ違和感があり、腰はすっかり軽くなったとの事。

 

いつもの通り、腹部の施術をした後にうつ伏せで施灸。背中肩回り、腰背部の正中

 

あたりに反応診て施灸、肩背中はだいぶ楽になったが、左のやや脇あたりに違和感

 

があるというので、関連する反応点に左臀部と左脇腹に追加施灸。

 

終わった後背中はまっすぐに伸ばせるようになるが、どうやら座るときの姿勢が

 

左に崩れる癖があるようなので、骨盤の左右差、傾きを疑い、座るときに左尻に

 

座布団代わりのタオルを敷いて座るように指導した。これで姿勢の崩れは

 

回避されたので姿勢も安定する。次回に骨盤周り骨格の調整をされることを勧めた。