美顔はりコラム 美肌キープ栄養素

こんにちは

 

やち鍼灸院の近藤です

 

今回は前回に続くビタミンA、B2、Eにおける良い話です

 

ビタミンA、肌の新陳代謝を活発にし、潤いや鍼を保ちます。主にレバーうなぎなど

 

の動物性食品やニンジン、小松菜などの植物性食品に多く含まれます。オススメ食材は

 

ニンジン、βカロテンを多く含み、シミの発生を抑え、動脈硬化の予防にも効果が

 

あります。

 

1日の基本摂取量は0.6~0.7㎎ 目安はニンジン1/5本で約0.6㎎です。

 

ビタミンB2、細胞の再生や成長を促進し、健康な肌を保ちます。主に卵、レバー、

 

納豆、牛乳どに多く含まれます。オススメは、レシチンを含み、はだにしっとり感

 

を演出してくれます。1日摂取量は1.2~1.6㎎  目安 卵2個で約0.45㎎ 

 

納豆1パックで0.28mg、牛乳500ccで0.75㎎

 

ビタミンE、酸化防止をすることで、肌の老化を防止します。別名若返りビタミン

 

とも言います。主にナッツ類、カボチャなどの緑黄色野菜、アボガドなどに多く

 

含まれます。1日摂取量7~9㎎、おすすめは、アーモンド、ポリフェノールを多く

 

含み活性酸素を抑制してシミやシワを予防します。目安 アーモンド10粒 約4㎎

 

コラーゲン、コラーゲンはタンパク質の一種で、みずみずしい素肌を保つのに欠かせ

 

ません。主に鶏手羽先、マシュマロ、牛すじなどに多く含まれます。

 

1日摂取量は5~10g、おすすめ食材は、鶏手羽先→保湿成分であるヒアルロン酸

 

や肌に弾力を与えてくれるエラスチンを多く含んでいます。

 

鶏手羽先1本当たり1~1.5g

 

1日摂取量は成人男女推進量です。数字はあくまでも目安です、無理な過剰摂取は

 

控えましょう。

 

以上の食材を使った献立例

 

魚の干物、納豆、ワカメの味噌汁、焼海苔、ほうれん草の胡麻和え、キウイ、ご飯、

 

今回取り上げた食材はほんの一部です。美肌や健康に良い食材は他にもまだあります。

 

炭水化物、ミネラルなどを含む食材や水分も合わせて摂ると良いでしょう。

 

以上、参考になれば幸いです