寝違えの痛み

寝起きに首を痛めて来院された患者さんの症例をご紹介します。

 

お子様を抱っこをしながら顔はうつむいて授乳されているため慢性的に

 

首や肩がこっていたそうです。ある朝ベットから起きあがろうとしたら・・・

 

「グキッ」と首すじに激しい痛みが走ったそうです。そのまま振り向くこともでき

 

なくなったそうです。辛いですね・・・病院でシップと痛みどめを処方されて一時より痛みはひいたが

 

痛みは残ったまま取りきれなかったので当院にお越しくださいました。

 

カウンセリングをして痛む動作をチェックし筋肉、関節のチェック。

 

急に痛めたような症状にはほぼ「痛い箇所」があります。たいていそれらは「筋肉」です。

 

そして痛みやすい「箇所」もあります。腰、背中、首、負担がかかりやすい箇所があります。

 

寝違えで痛みやすい箇所に反応があったのではりきゅうと整体マッサージをし

 

施術後にようすをみてもらうと7割ほどの痛みの改善がありました。

 

痛めた事実があるので100パーセントその日のうちに痛みをとることはできません。

 

大げさにいうと寝違えやギックリ腰は「ケガ」なので回復に多少は時間がかかりますが

 

はりや整体マッサージなどで回復を早めることはできます。あとは普段の身体の使い方を

 

気をつけることで再発防止を図れます。急な痛みでお困りの方、痛めた箇所がまだ痛い、

 

何年も前に痛めたとこが疲れると痛い、寒いと痛い、天気が悪いと痛い

 

などでお困りの方は当院にお気軽にご相談くださいね。